今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館の座席管理はお任せください。セルフ運用が可能です。

●セルフ座席予約システム 「eBOOTH」
”どんな座席でも利用者自身で簡単に予約ができます!”
図書館内に設置するあらゆる座席を管理するシステムで、利用者が自ら予約操作と座席利用を行えるため図書館員の作業が大幅に軽減されます。
利用者認証も図書館システムとの認証連携可能です。利用者認証することで、運用規定に沿って、利用回数・時間の制限を掛けられます。
インターネット端末席の場合、ディスクへの書き込み・消去、いたずら操作防止などセキュリティ対策をした運用や、インターネットアクセスログの取得が可能です。
また、日々の利用状況を蓄積し、座席の各種利用統計や活用分析ができます。

●eBOOTHの機能拡張 「WEB予約管理システム」
自宅パソコンから図書館ホームページの「学習席予約」を選択して、利用者の方が、自宅から座席の混み具合を確認したり、座席を仮予約してから、図書館に訪問することが可能です。
利用者が座席確保のために、図書館内で待ち時間があったり、開館前に並ぶこともなくなり、利用者の利便性アップと図書館のサービス向上に役立ちます。

図書館総合展 2016

ブース番号

20

出展

  • 株式会社タック・ポート

問い合わせ先

  • ソリューション事業部営業課長 勝又 繁

webサイト

http://www.tackport.co.jp/