今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

国内外で録音された自然や環境の音を利用できます。

千葉県立中央博物館は、千葉県の自然と歴史の総合博物館です。博物館としては珍しく、自然の音のコレクションがあり、野鳥や虫を聞き分ける自然環境学習「耳をたよりにプロジェクト」や、「音の標本箱」・「ききみみコレクション」・「地域の音が出る地図」などのデジタルミュージアム、「自然の音サロン」などの活動に利用されています。ブースではコレクションをご紹介し、資料の活用について御相談を受けます。野外観察地生態園における舟田池ライブ音(CyberForest)と合わせた活用もお奨めです。

目録はこちら

下の写真は、自然の音サロン開催風景

 

図書館総合展 2016

ブース番号

C-7

出展

  • 千葉県中央博物館 自然の音と音環境コレクション

問い合わせ先

  • 大庭照代(主任上席研究員)

webサイト

http://www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=57

twitter

https://twitter.com/funadaike123

facebook

https://www.facebook.com/teruyooba