今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

デジタルアーカイブとは「未来に役立てるために、過去や現在の情報をデジタルデータとして保管し、それらを社会へ発信し活用する活動」のことをいいます。
その活動を行なう人を「デジタルアーキビスト」といいます。
デジタルアーカイブの保管データは、その後の活用により、新たな企画やアイデア、文化が創造されていく基盤になります。

岐阜女子大学のデジタル・アーキビスト養成教育には、現在の多様な(文化)資料をデジタル記録し保管利用、次の世代への伝承を支える方法の研究とその実践の蓄積があります。

本学は、平成16年度より、文部科学省の現代GPに3期連続して選定され、その教育カリキュラムを開発してきました。

また、平成29年度 私立大学研究ブランディング事業では、「地域資源デジタルアーカイブによる知の拠点形成のための基盤整備事業」 が選定されています。

是非、NPO法人 日本デジタル・アーキビスト資格認定機構が認定する「デジタルアーキビスト」資格を、岐阜女子大学の教育カリキュラムでご取得ください。

図書館総合展 2018

ブース番号

C-5

出展

  • 岐阜女子大学
  • NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構

問い合わせ先

  • 岐阜女子大学

webサイト

https://gijodai.jp//

http://jdaa.jp/