今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

「障害者差別解消法は図書館を変えるチャンスです」をテーマに各種サービスをご提案します

地域の拠点として図書館が今後どのようなサービスを展開していけば良いのか、そのご提案をさせていただくために3つのエリアに分けてご紹介していきます。

【LLブックほか書籍の販売】

だれにとってもやさしく、読みやすい本「LLブック」の最新刊のご紹介と、赤木かん子先生の「楽しい学校図書館」シリーズ、平湯文夫先生の「図書館を生きかえらせる」シリーズを販売いたします。

【バリアフリー用品の展示】

大きな文字で読みやすい「大活字本」の新刊案内、本を耳で楽しむ「オーディオブック」、目が疲れやすい方や読字の障がいがある方のために本の上に重ねて使う色付きの透明定規「リーディングルーラー」の販売、また新企画「回想法DVD」をご紹介いたします。

【本のカビ対策、図書整理事業のご案内】

図書館のアウトソーシングサービスとしてあらゆる図書館業務をお請けいたします。大学・公共・専門図書館をはじめ各種図書館のデータ入力や装備作業を行なっております。また書籍の預かり燻蒸サービスやカビ対策における館内の環境整備のご提案をいたします。

その他、昨年好評だった他社とのコラボ企画「みちねこスタンプラリー」やLLブック最新刊「ともだちってどんなひと?」の挿絵をしていただいた濱口瑛士氏によるイラストイベントなども予定しています。

★当ブースは『みちねこスタンプラリー』チェックポイントです★

 

図書館総合展 2018

ブース番号

13

出展

  • 社会福祉法人埼玉福祉会

問い合わせ先

  • 図書館事業部 図書館用品販売課 村田 和也

webサイト

https://www.saifuku.com

twitter

https://twitter.com/saifuku_shohin

facebook

https://www.facebook.com/saifuku.shohin