今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

セルフ座席予約システム「eBOOTH」は、図書館・学校等で利用する各種座席を 利用者自ら予約するシステムです!

館内にある閲覧席やインターネット席だけでなく、AVブースの座席管理ができる「AVeBOOTH」、イベントを一元管理できる「イベント管理システム」の展示もしておりますので、是非とも足をお運びいただけますようお願い申し上げます。

 

①セルフ座席予約システム「eBOOTH」

※既に公共図書館17館に納入実績のあるシステムです!!

図書館内に設置するあらゆる座席を管理するシステムで、利用者が自ら予約操作と座席利用を行えるため図書館員の作業が大幅に軽減されます。利用者認証することで、運用規定に沿って、利用回数・時間の制限を掛けられます。インターネット端末席の自動運用、インターネットアクセスログの取得、各種利用統計や活用分析ができます。

 

②セルフ座席予約システム「eBOOTH」クラウド版

eBOOTHサーバーをクラウド上に設置することで、図書館にeBOOTHサーバーを設置することなく「安価」に導入していただけるシステムです。

もちろん、プラットフォームや機能はそのままご利用いただけます。

また、AWS上にサーバーを設置することでサーバー機器のトラブルがなくなります。障害時には弊社からAWSに接続して保守対応が出来るため、迅速な対応が可能です。

 

③eBOOTHの機能拡張 「WEB予約管理システム」

自宅のパソコンやスマートフォンから図書館ホームページの「学習席予約」を選択して、利用者の方が、自宅から座席の混み具合を確認したり、座席を仮予約してから図書館に訪問することが可能です。利用者が座席確保のために、図書館内で待ち時間があったり、開館前に並ぶこともなくなり、利用者の利便性アップと図書館のサービス向上に役立ちます。

 

④イベント管理システム

図書館様のHP等にリンクを貼っていただくことで、利用者のPC、スマートフォンから、図書館様で開催されるイベントの確認や申込をすることができるシステムです。電話での申込も同じシステム内で管理することができ、職員様で一元管理することができますので、利用者の利便性が上がるだけでなく、職員様の業務上の手間を減らし、本来の図書館業務に専念する時間を増やせます。

図書館総合展 2018

ブース番号

19

出展

  • 株式会社タック・ポート