今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館様向けの本がオールジャンルで充実

株式会社KADOKAWAでは、数々の国文学関係の本や「日本地名大辞典」に代表される大シリーズ等、図書館様の蔵書にふさわしい書籍を多数刊行してまいりました。
 近年では、児童向けのつばさ文庫、角川まんが学習シリーズ・角川まんが科学シリーズがベストセラーとして、多くの子ども達の心を掴んでいます。
 さらに、昨年23年ぶりに改訂された『角川新字源 改訂新版』をはじめ、学習参考書やビジネス書はもちろん、幼児むけ絵本まで、益々幅広いラインナップを取り揃えておりますので、ぜひブースにお立ち寄りください。

図書館総合展 2018

ブース番号

71

出展

  • 株式会社KADOKAWA

共同出展

株式会社汐文社