今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

今年も索引の企画を募集中! 司書のみなさんのレファレンスのお悩みを、 ぜひアンケートでお聞かせください!

昨年の図書館総合展で司書さんからのご要望第一位のライトノベル・ライト文芸索引を実現しました!

昨年のアンケートで最も多かった、「ライトノベルの選書やおすすめに迷う」という司書の皆様からのご意見を受けて、「テーマ・ジャンルからさがすライトノベル・ライト文芸」索引の企画を立て、刊行いたしました。

  • テーマ展示の本を選ぶのが大変
  • 閉架の本を動かしたい
  • 漠然とオススメの本を聞かれて困っている

そんなときに使える索引に仕上がっています。

ブースでは実物も展示していますので、ぜひお立ち寄りください!

★今年も司書のみなさまのご要望をもとに、索引の企画を検討いたします!★

ご協力頂いた方には、抽選で弊社の索引をプレゼント。
ぜひブース内アンケートにご協力ください。

YAカレント同好会にもぜひご参加ください

「豊かな学び」は、読書のみならず、テレビやネット、時にはゲームからも得ることができます。

中でも、読書を通じた学びは記憶にも留まりやすく、個人の見解に留まらない濃密な内容であることが多く、他の媒体を通じた学びよりも優れているといえます。

しかし、昨今の日本人の読解力低下の問題は、多くのビジネス書で取り沙汰されている通りです。

そのような状況下で、読書を通じて豊かな学びを得るためには、質の高い書籍よりも、簡単な内容であっても興味を持ったものに多く触れる機会が必要と考えました。

多くの中学生・高校生に読まれているポピュラーなYA書籍群を明らかにすることで、学生にお勧めする書籍のヒントや、彼らの読書のサポートができることを願って、この同好会を立ち上げました。

 

株式会社DBジャパンのご紹介

2000年11月の設立以来、「データベースと出版」を業務範疇とし、ジャンル別の書籍群の登場人物事典の出版を行なっています。

たとえば『歴史・時代小説登場人物索引 単行本篇2000-2009』は、タイトル通り、歴史・時代小説の登場人物から書籍を逆引きするためのツールとして、実際の書籍をもとに編纂したものです。

また、書籍群から登場人物情報をデータベース化する中核事業に加えて、今後はデータベースの考え方をより広く捉え、企業のお客さま情報をまとめたデータベースや、研究にあたり大学教授が調べ上げてきたデータや用語をまとめたデータベースを構築する業務も承っています。

今回のYAに対する取り組みは、登場人物索引やその他索引づくりを通じて、YA書籍群となるデータベースをつくり、中学生・高校生の読書推進に役立てるよう、裏方から支援をしたいと考えています。

図書館総合展 2019

ブース番号

82

出展

  • 株式会社DBジャパン