今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

図書館様向けの本がオールジャンルで充実

株式会社KADOKAWAでは、数々の国文学関係の本や「日本地名大辞典」に代表される大シリーズや学術書等、図書館様の蔵書にふさわしい書籍を多数刊行してまいりました。近年では、児童向けのつばさ文庫、角川まんが学習シリーズ・角川まんが科学シリーズがベストセラーとして、多くの子ども達の心を掴んでいます。また、ライトノベル・新文芸ジャンルの「図書館様向けラインナップ」のご案内・ご提案などもご用意しております。
11月発売の『バチカン美術館の至宝100』『令和版 皇室事典』などの大型企画商品のご案内をはじめ、エンタテインメントから学術書まで益々幅広いラインナップを取り揃えておりますので、ぜひブースにお立ち寄りください。

図書館総合展 2019

ブース番号

70

出展

  • 株式会社KADOKAWA

共同出展

株式会社汐文社