今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館向け総合システム『CueLIB』を提供しております

弊社は図書館向け総合システム『CueLIB』を自社で新たに開発し、システムの要件定義から導入、運用支援まで統合されたサービスを提供している企業です。

『CueLIB』の特徴

必要十分な機能を標準搭載した「ALL IN ONE」型パッケージ

『CueLIB』は図書館業務に必要かつ十分な機能を標準機能として搭載した「ALL IN ONE」型の図書館システムです。『CueLIB』は予算、収書、目録、閲覧、ILL、OPACに至るまでほぼ全ての図書館業務機能、利用者機能を備えていますので、基本的にはパッケージに何かを足したり、何かを引く必要はありません。加えて、お客様固有のご要望や他機器との接続等を実現するための個別カスタマイズも積極的かつ柔軟に対応いたしますので、皆様のご来場およびご相談を心よりお待ち申し上げております。

図書館総合展 2019

ブース番号

33

出展

  • クワンタム・テクノロジー株式会社

問い合わせ先

  • 総務経理 山田

webサイト

http://www.quantech.co.jp/product/cuelib/index.html