今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

日本文学・日本史研究の強い味方!国文学研究資料館を活用してみませんか?

国文学研究資料館は、日本文学・日本史に関する資料の収集・提供を行う機関です。

日本文学・日本史の研究書や江戸時代までに日本で作られた古い資料(古典籍や古文書類)を多数所蔵しており、どなたでも利用可能です。

また、日本文学・日本史研究に有用なデータベースを数多く公開しており、こちらについても、誰でも無料で利用することができます。

データベース一例

「新日本古典籍総合データベース」<https://kotenseki.nijl.ac.jp

古典籍の画像が見たい方はこちら。国内外多数の機関の所蔵資料を登録しています。

 

「近代書誌・近代画像データベース」<http://base1.nijl.ac.jp/~kindai/

近代文学について調べたい方はこちら。全国の機関が所蔵する近代文学の所蔵情報や書誌、画像の検索ができます。

 

「収蔵歴史アーカイブズデータベース」<http://base5.nijl.ac.jp/~archicol/

当館所蔵の古文書類を探したい方はこちら。画像公開している資料もあります。

 

当ブースでは、当館が提供している各種データベースの利活用方法についてご紹介します。

この機会に是非お立ち寄りください。

図書館総合展 2019

ブース番号

57

出展

  • 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国文学研究資料館