今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

小社は,1980(昭和55)年の創業と同時に図書館司書養成のためのテキスト群「図書館学シリーズ」(全9巻)の刊行を開始し,現在は,その第三世代となる「現代図書館情報学シリーズ」(全12巻)が完結しています。また,25年余のロングセラー『図書館学基礎資料』の全面改訂版である『図書館情報学基礎資料』は,公共・大学図書館や図書館・図書館情報学を学ぶ人のための必備・必携図書として好評を博しています。
加えて,今日の図書館現場との接続をめざし,図書館に期待される新たな役割や機能について議論を深めていく企画にも,積極的に取り組んでおります。

ブース内では,図書館・図書館情報学に関する教科書・参考書,研究の成果をまとめた学術書,さらには図書館職員の日常業務に資する専門書等を中心に展示・販売いたします。くわえて,スピーカーズコーナー・メーカーズラボ・小社ブースにて,下記イベントも行います。

 

[スピーカーズコーナーA会場]
◎11月12日(火)13:00~13:45
『公共図書館でできる知的障害者への合理的配慮』刊行記念「知的障害のある人が利用したくなる図書館とは?」
知的障害者が図書館に求める合理的配慮を,2016年から現在にわたって実施している取り組みや調査から報告します。

◎11月12日(火)15:30~16:15
写真版LLブック第3作『旅行に いこう!』刊行記念トークライブ
知的障害のある人たちの意見を反映させた本書の特徴や制作中のエピソードを,当事者の感想を交えて紹介します。

◎11月13日(水)15:30~17:00
『図書館のための災害復興法学入門――新しい防災教育と生活再建への知識』刊行記念トーク+グラフィックレコーディング
被災者の生活再建のために図書館が担える役割とは何でしょうか。地域を支える情報拠点という視点から提示します。
(共催:図書館総合展運営委員会)

 

[メーカーズラボ]
◎11月13日(水)12:15~13:00
「図書館」を学ぶときの親身な教科書は,何処にある? ――三部作「キイノート」と解答・解説篇の,試み
分類法・目録法・検索法の「キイノート」と,その解答・解説篇「サブノート」での試みを,著者が縦横に語ります。

 

[小社ブース]
◎11月13日(水)10:30~17:00
「IAAL認定試験問題集」質問会
大学図書館支援機構の方が小社ブースに滞在なさいます。『IAAL問題集』『IAAL過去問題集』の内容について,わからないこと,ききたいこと等のご質問を受け付けます。

 

 

図書館総合展 2019

ブース番号

73

出展

  • 株式会社樹村房

問い合わせ先

webサイト

http://www.jusonbo.co.jp/

twitter

https://twitter.com/jusonbo