今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

図書館ICタグにはUHF帯が最適です!

日本で初めてUHF帯RFID図書館システムが導入されてから今日まで、数多くの図書館様に導入頂き、UHF帯ICタグは大変ご好評頂いております。UHF帯ICタグを取り巻く環境は、タグの低価格化、生産数の増加により大幅に普及速度を増しています。弊社ブースではUHF帯ICタグとその他ICタグとの比較、数々の違い、UHF帯ICタグの優れている点をスタッフが丁寧にご説明いたします。是非弊社ブースにてUHF帯RFID図書館システムの最先端をご体験下さい!

 

【ご紹介する機器】

●自動貸出機

 本を乗せると書名を表示。置き場所を取らない卓上型自動貸出機をご用意しました。 利用者にわかりやすい簡単操作が好評です。

●自動返却ボックス

 24時間稼働が可能で、リアルタイムに返却情報を更新可能です。

●ブックトラック

 置かれた本の書誌情報を記録します。館内内覧の統計、企画展示の利用率の集計など用途は いろいろ広がります。

●予約棚

 ICタグのメリットを十分に活かし、予約棚への配架状況、セルフサービスによるお客様の受取りの情報等をリアルタイムに反映させ、予約棚の状況が常に把握できるシステムです。

●蔵書点検用ハンディリーダライタ

 1時間に1万冊以上の本を読み取ることが可能です。資料探索機能も搭載しており、資料IDを入力することにより、該当図書を探索でき、蔵書点検をスムーズ且つスピーディーに行うことができます。

●スマートライブラリー

 設置型の無人図書館。24時間いつでも自由に図書貸出・返却サービスが提供できます。

●セキュリティーゲート

 不正持出にはアラームで警告。通過した書籍、名称が表示されるので、何が持ち出されたのか、その場で判明します。

図書館総合展 2019

ブース番号

92

出展

  • 株式会社ソフエル

問い合わせ先

  • 新沼 拓也

webサイト

http://www.sofel.co.jp/