今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

ICタグ機器の導入を検討でしたら是非お立ち寄り下さい。

ICタグ機器 信頼と実績のタカヤです。

当社は大正7年に岡山県で設立されました電子機器メーカーです。

RFID機器は1995年に開発を開始し、2002年にはISO15693に準拠した「TR3」シリーズをリリース、2012年にはNFC対応リーダライタ「TR3XM」をリリースしています。また、2019年に書棚アンテナの新モデル、4Wのリーダライタの後継機種「TR3X」をリリースしました。2021年4月にはTR3-G003A,G004ゲートの後継機種もリリース予定となっております。いずれも自社開発、国内生産にこだわり、信頼性の高いモノづくりを実現しております。

また、弊社HF帯RFID機器は、2006年に公共図書館様に導入いただいたのを皮切りにおかげさまでに140以上の自治体様にご利用をいただいております。

 

【出展品のご案内】

●蔵書点検用ハンディリーダライタ

2019年9月にTR3-HT101BTの後継機種TR3X-HT201BTを発売をしました。従来品の便利な機能はそのままに操作性、耐落下性能を向上させました。

また、差し込みアンテナも着脱式となりより操作性がアップしました。蔵書点検用アプリ「TR3-HTTool」(無償提供)を利用したデモ機を展示しておりますので高精度な読み取り性能を是非、この機会に体感ください。

 

●新4Wリーダライタ

自動貸出機に使用されている高出力の4Wリーダライタをモデルチェンジしました。従来機の後方互換であることは当然ですが、本の読み取り冊数やCD,DVD読み取りに関して利用者様がお困りになるようなご経験がありましたら是非、ブースへ足を運んで下さい。ブースにて製品をご用意しておりますので、読取り性能の確認をしていただけます。

 

●ゲートアンテナを利用した人数カウント集計&書名表示

時系列の人数カウントが可能で、かつ、検知した本の書名を表示するアプリ『TR3-GATETool』のデモを実施しております。また、本アプリ『TR3-GATETool』は無償提供となっており購入費用の圧縮にもつながります。導入を検討されておりましたらこの機会に是非、機能面をご確認下さい。

 

●予約書棚や閲覧棚に最適 書棚アンテナシステム

設置調整が不要(書架が金属でも問題ありません)です。他の製品同様、読み取ぬけがなく安心して図書館利用者様にご使用いただけます。デモ機をご用意してお待ちしております。

 

●カウンター貸出返却用 UHFリーダライタ

2018年10月にUHFリーダライタ『UTR series』を発売を開始致しました。アンテナ周囲の本は読み取らない図書館様のカウンター業務に特化した性能で業務の効率化を図るのに最適な一台となっております。

 

 

 

 

 

 

図書館総合展 2019

ブース番号

31

出展

  • タカヤ株式会社

問い合わせ先

  • 太田 直

webサイト

http://www.takaya.co.jp/