今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

東京キャンパスで学位を取りませんか?

筑波大学大学院図書館情報メディア研究科では,東京キャンパス(茗荷谷)にて夜間・土曜に授業を開講し,社会人の方を対象とした カリキュラム(対象:博士前期課程)を提供しています。

博士前期課程では,情報産業や図書館など情報提供サービスの実務においてリーダーシップを発揮する高度専門職業人として,理論と実践および創造力の調和のとれた人材,急速な発展をとげつつある分野にあって将来の動向を見通せる人材,研究者として必要な専門知識・技術を身につけ博士後期課程に進学する人材を養成します。

博士後期課程では,高い見識と高度な専門性を備えて国際的に活躍できる高度専門職業人,図書館情報メディア分野における最先端の研究と次世代を担う人材の育成に積極的に取り組む大学教員および知識情報社会のフロンティアを切り拓くことのできる研究者を養成します。

本ブースでは,本研究科での研究や学び,学生生活についてご相談に応じます。

また、2020年度からの学位プログラム制移行についての説明をさせていただきます。

東京キャンパスでの学位取得を目指す方、キャリアアップをお考えのみなさまのお越しを心よりお待ちしております。

図書館総合展 2019

ブース番号

C-9

出展

  • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科