今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

大学図書館やラーニングコモンズで、24時間無人での貸出・受取を実現するシステムをご紹介します

「パソコン/タブレットの貸出返却業務」を無人化

人手をかけての貸出返却業務を、「無人化」する大学図書館が増えています。24時間365日の運用が可能なほか、学生証や図書カードのバーコードを使用することにより、貸出対象者の制限、延滞の確認なども容易に管理、運用いただけます。

(対象:大学図書館やラーニングコモンズなど)

 

数々の大学図書館で効率化を実感いただいています

「PC貸出業務」において煩雑になりがちな台帳管理や、受付での混雑も、無人備品貸出システム搭載のロッカーを導入することで解消。職員と学生双方にとっての利便性を大幅に向上。時間を気にする必要がなくなり、快適な運用が可能となります。また、貸出履歴からの使用状況の棚卸、返却漏れ防止も簡単に行えます。

実際の製品で操作性をお試しください

当ブースでは、実際の製品ロッカーを展示いたします。貸出返却の一連の操作、学生が直観的に扱える操作性を、ぜひ、お試しください。本年は、参考出品として、事前にweb画面上から予約ができるシステムもご紹介します。

 

無人備品貸出システムPCシェアロッカー

図書館総合展 2019

ブース番号

36

出展

  • 株式会社フルタイムシステム