今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

株式会社とっぺん

佐賀県立図書館デジタルアーカイブを運用するシステムについて紹介します。

とっぺんでは「デジタルアーカイブ」をコンセプトに、貴重な考古資料などの保存から活用までをワンストップでご提供しています。今この時間も消失・劣化のリスクを抱えている文化財のデジタルアーカイブを進め、適切にその情報を発信していくことが私達のミッションであると考え、日々業務にあたっています。

共同出展する株式会社ローカルメディアラボの佐賀県立図書館の所蔵資料デジタルアーカイブサイトを公開(2019年3月)では、デジタルデータの作成を担当しました。

サイトでは、2万8千点以上の資料をパブリックドメイン(オープンデータ)として公開し、一部資料は、IIIF(トリプルアイエフ)に対応しました。このシステムでは、既存の様々なデジタル資料を一つのデータベースに統合、直感的に操作できるコンテンツ管理が可能です。また、ライセンス管理なども柔軟に行うことが出来ます。ユーザー(閲覧者)側は、横断検索やIIIFビューワーでの閲覧、資料のダウンロードなど、最小限の操作でコンテンツにアクセスすることができます。

ブースでは、佐賀県立図書館データベースのシステムをメーンに、2社のプロダクトを紹介します。

図書館総合展 2019

ブース番号

90

出展

  • 株式会社とっぺん

共同出展

ローカルメディアラボ

問い合わせ先

  • 事業管理部 尼寺宏輔

webサイト

https://toppen.jp/

facebook

https://www.facebook.com/toppen.jp/notifications/