今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

~本を選ぶ・本を生かす~

がん患者さんの生活を支援するNPO法人キャンサーリボンズと一般社団法人軽井沢朗読館の協働による「朗読で元気をつなぐプロジェクト」は、慢性疾患の患者さんを対象にした朗読ワークショップ(WS)をアストラゼネカ(株)の協力で一昨年より開催しています。

朗読を通して患者さんの思いや悩みを共有し交流を深めるこのWSは、患者サポートグループとして成果を上げています。効果検証の研究でも、心理尺度の得点が統計的に有意に改善しており、朗読が患者さんを元気にすることが裏付けられています。 朗読が持つ「人を元気にする」力を見出したWSをご紹介するとともに、言葉がもつ力や本の役割について皆で考えます。

登壇者

  • パネリスト : 青木裕子 一般社団法人軽井沢朗読館館長/軽井沢町立図書館館長
  • パネリスト : 中村清吾 NPO法人キャンサーリボンズ理事長/昭和大学病院ブレストセンター長
  • パネリスト : 神代 浩 文部科学省科学技術・学術総括官兼政策課長/図書館海援隊 隊長
  • コーディネーター : 岡山慶子 NPO法人キャンサーリボンズ 副理事長

申し込み・問い合せ先

NPO法人キャンサーリボンズ 事務局 田村調子

ribbonz@ellesnet.co.jp

webサイト

http://www.ribbonz.jp/