2021年秋の開催形式・出展要項を公開しました。

図書館に関わるすべての方を対象とするコンベンション「図書館総合展」は、現在、2021年開催について準備をすすめております。

開催案内と出展要項を公開しましたので(2021年5月28日)、下記のページをご覧ください。

https://2020.libraryfair.jp/
※このあと本展公式ウェブサイトのホームページはこちらに移行します。いまご覧のサイトは終了します(アーカイブは新サイトからみていただけます)。
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

地域活性化や地域課題解決に結びついたレファレンスを顕彰します

レファレンスサービスが地域の活性化、課題解決に結びついた事例を顕彰する「地域創生レファレンス大賞」の最終審査と授賞式を行います。

このフォーラムでは、全国から応募された中から選ばれた3つの事例が、応募者によって紹介されます。会場で最終審査が行われ、
・文部科学大臣賞
・公益財団法人図書館振興財団賞
・審査員会特別賞
の三賞を授賞します。

また、地方創生レファレンス大賞準備委員会の糸賀雅児委員長、審査委員会の大串夏身委員長等より、講評やこの後の計画についてお話があります。「来年は是非、参加したい」とお考えの方はご参集ください。

 

■発表を行う最終受賞候補

「遠隔画像診断事業立ち上げ時の課題解決」
   応募者:株式会社ワイズ・リーディング 中山善晴さん
   レファレンスサービスを受けた図書館名:熊本県立図書館

「創業300年の老舗をひご野菜でブランド化」
応募者:くまもと森都心プラザ図書館 河瀬裕子さん
レファレンスサービスを利用した人:
創業300年以上の肥後生麩・細工豆腐製造卸販売の老 舗「麩屋氏助」さんが、同館の同フロアにあるビジネス支援センターに相談。ビジネス支援センターから図書館へ問い合わせがあったもの。

「中心市街地活性化に繋がる図書館活用  ~マチナカの人・歴史・再発見!~」
応募者:鳥取市中心市街地活性化協議会・タウンマネージャー 成清仁士さん
レファレンスサービスを受けた図書館名:鳥取県立図書館

 

●本フォーラムの動画記録はこちらから

2015年11月11日 (水)

10:00 - 11:30

第4会場

共催

  • 協賛:公益財団法人図書館振興財団

後援

  • 公益社団法人日本図書館協会

協力

  • 図書館総合展運営委員会

登壇者

  • 発表者 : 中山善晴 株式会社ワイズ・リーディング
  • 発表者 : 河瀬裕子 くまもと森都心プラザ図書館
  • 発表者 : 成清仁士 鳥取市中心市街地活性化協議会・タウンマネージャー
  • 審査委員長 : 大串夏身 元昭和女子大学特任教授
  • 審査委員 : 猪谷千香 文筆家/ハフィントンポスト記者
  • 審査委員 : 糸賀雅児 慶応義塾大学教授
  • 審査委員 : 木下勝義 公益財団法人図書館振興財団常務理事
  • 審査委員 : 佐藤 潔 図書館総合展運営委員長
  • 審査委員 : 竹内利明 電気通信大学大学院情報理工学研究科共通教育部特任教授
  • 審査委員 : 谷合俊一 文部科学省生涯学習政策局社会教育課長
  • 審査委員 : 永利和則 公益社団法人日本図書館協会理事/小郡市立図書館長

申し込み・問い合せ先

webサイト

https://www.prkcps.com/tosho2015/yokohama/