今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

現状分析と今後の展望

研究、学習のために必要なすべての文献をオンラインで入手できるわけではない。では、研究者や学生はどのように対応しているのか。図書館間文献複写が20年間で半減したという事実、海外では電子版のILLが当り前のよう行われているという事実などについて背景と現状を整理し、研究、学習のための資料共有の21世紀にあるべき姿を展望し、その実現を阻む要素を特定し、その克服を議論する。

・大学図書館間のILL(図書館間相互利用)サービス
・国立国会図書館の遠隔複写サービス
・民間のドキュメント・デリバリ・サービス
・“SCREAL 2014調査”(学術図書館研究委員会による)の結果
・海外学術出版社によるアーティクル・シェアリング
等、事例の報告、また今後の展望をめぐるパネル討論を行う。

 

●本フォーラムの動画記録はこちらから

2015年11月11日 (水)

13:00 - 14:30

第6会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

webサイト

https://www.prkcps.com/tosho2015/yokohama/