今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

図書館運営の現場が障害者差別解消法に備えるために

来春に控えた「障害者差別解消法」をきっかけに、情報アクセシビリティへの様々な取り組みに期待が寄せられています。

電子図書館サービス「TRC-DL」が提供する電子書籍には、アクセシブルなWebサイト設計や自動読上げ、音声や動画を組み入れたコンテンツなど、アクセシブルな情報環境について考えるための具体的な話題が多く含まれています。

本フォーラムでは、図書館運営の現場が同法、さらには開かれた情報アクセシビリティへ備えるためのヒントを議論します。

 

●展示会場 小間番号23 でブース展示もしております。ぜひお立ち寄り下さい。

2015年11月12日 (木)

15:30 - 17:00

第1会場

登壇者

  • パネリスト : 江山規子 萩市立萩図書館副館長
  • パネリスト : 渡辺英明 株式会社筑摩書房編集局編集情報室部長
  • パネリスト : 植村 要 立命館大学グローバル・イノベーション研究機構専門研究員
  • コーディネーター : 盛田宏久 大日本印刷株式会社hontoビジネス本部教育事業開発ユニット企画開発第2部 部長