今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

国立情報学研究所(NII)の目録所在情報サービスは、大学図書館を中心とする参加機関による目録作成および相互貸借のための基幹システム(書誌ユーティリティ)として長年にわたり重要な役割を果たしてきたが、技術の発展や国際的なデータ交換の普及にともない、2020年を目途にシステムの構造やコスト負担、また運営面についても根本的に見直すとの方針が示された。このことについて、国公私立大学図書館協力委員会とNIIとの連携・協力推進会議の下に設置された「これからの学術情報システム構築検討委員会」が継続して検討している。本フォーラムでは、この情報を共有するとともに意見交換を行う。

 

満席となりましたため、11月5日12:00で受付を終了いたしました。多数のお申込み誠にありがとうございました。

 

 

【前半】13:00~15:00  講演

【後半】15:30~16:00  講演
              16:00~17:00  パネルディスカッション  

2015年11月12日 (木)

13:00 - 17:00

第5会場

登壇者

  • 【前半】講師 : 佐藤義則 東北学院大学文学部 教授
  • 【前半】講師 : 甲斐重武 京都大学附属図書館 事務部長
  • 【前半】講師 : 大向一輝 国立情報学研究所コンテンツ科学研究系 准教授
  • 【後半】講師 : 木下 直 千葉大学附属図書館 利用支援企画課 副課長
  • 【後半】ファシリテーター : 逸村 裕 筑波大学図書館情報メディア系 教授
  • 【後半】パネリスト : 佐藤義則 東北学院大学文学部 教授
  • 【後半】パネリスト : 甲斐重武 京都大学附属図書館 事務部長
  • 【後半】パネリスト : 大向一輝 国立情報学研究所コンテンツ科学研究系 准教授

申し込み・問い合せ先

国公私立大学図書館協力委員会大学図書館シンポジウム企画・運営委員会・荘司 雅之(早稲田大学図書館)

sympo-jimukyoku@list.waseda.jp