今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

─可能性とつながる学校図書館へ

ICTから見た学校図書館の可能性を考えた昨年に引き続き、今年は「人」をテーマにして再び可能性を考える場を設けました。

前半では横浜市教育委員会事務局指導部指導企画課の方をお招きします。横浜市は平成25年度から平成28年度までの4年間で,市立小・中・特別支援学校全校に,学校図書館に関する業務を担当する「学校司書」の配置を進めており注目を集めています。当日は「学校司書」の配置を含め,横浜市の学校図書館推進施策について,お話しを頂戴いたします。

後半では神奈川県立田奈高等学校司書の松田ユリ子氏をお招きします。神奈川県立田奈高等学校は,「ぴっかりカフェ」という週に1回,校内の図書館が,無料で飲食ができるカフェ空間に変え,その中で高校生の悩みや不安に応える地域の相談員と高校生が出会って
支援するという試みを行っています。当日は松田ユリ子さんとともに,この興味深い試みについて,お話しを頂戴いたします。

本フォーラムを通じ,「人」ということを異なった視点や立場から検討し,学校図書館が持つ可能性を1つに限定することなく,様々な可能性を持つ場所であることを確認する場にできればと思います。
多くの方のご参加を心よりお待ちしております。
(白百合女子大学文学部講師 今井福司)

2015年11月14日 (土)

10:30 - 12:30

横浜市中央図書館ホール(横浜市西区老松町1)

登壇者

  • 講師 : 丹羽正昇 横浜市教育委員会事務局指導部指導企画課
  • 講師 : 松田ユリ子 神奈川県立田奈高等学校図書館司書
  • コーディネーター : 今井福司 白百合女子大学文学部 専任講師

申し込み・問い合せ先

webサイト

https://www.prkcps.com/tosho2015/yokohama/