今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

市民が主役! 未来を拓く 見たことのない居場所をつくろう!

テーマは「市民が主役の居場所づくり」

図書館や文化複合施設、商業施設など、まちの中心となる「市民の居場所づくり」に関わる自治体や企業のキーマンと意見を交わし、まちづくりの今後に向けて、重要な考え方や必要な取組みについて議論を深める。まちづくりに関心があるすべての人に「まちの価値向上」について考える機会を提供したい。

事例紹介

  • 「変わる区立図書館-蒲田駅前図書館が取り組む医療・介護情報サービスのかたち」高城孝侑(大田区立蒲田駅前図書館館長)
  • 「ライフデザインをデベロップするという役割」高須賀大索(イオンモール株式会社 開発本部 建設企画統括部 企画開発部 開発デザイングループ 担当部長)
  • 「市民が主役!未来を拓く まだ見たことのない 居場所をつくろう!」大木哲(大和市長)

 

◆大和市文化創造拠点について◆
翌日11月9日(水)13:00~14:30
「90分で魅せます!複合施設のつくりかた -大和市文化創造拠点 誕生までの激動22ヶ月-」にて開館までの道のりや裏話を一挙公開!
どうぞ合わせてご参加ください。

2016年11月08日 (火)

10:00 - 11:30

第2会場

登壇者

  • 司会 : 佐藤達生 株式会社図書館総合研究所取締役
  • パネリスト : 大木 哲 大和市長
  • パネリスト : 高須賀大索 イオンモール株式会社 開発本部 建設企画統括部 企画開発部 開発デザイングループ 担当部長
  • パネリスト : 高城孝侑 大田区立蒲田駅前図書館 館長

申し込み・問い合せ先

図書館流通センター 神奈川営業部 佐藤

webサイト

http://www.trc.co.jp/sogoten2016/forum.html#forumA

facebook

https://www.facebook.com/yamatomirai/