今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

弊社が毎年選出しているHighly Cited Researchers(高被引用論文著者)に3年連続で選出されている物質・材料研究機構の有賀克彦先生、さらに、若手研究者を代表して国際医療福祉大学 磯野真穂先生をお招きし、「研究者がどのような支援を図書館に期待しているのか」についてご講演いただきます。

世界トップレベルの研究者の、図書館ユーザとしての生の声を聞ける大変貴重なチャンスです。

質疑応答の時間もございますので、ぜひこの機会を貴学図書館の利用者ニーズの向上にお役立てください。
 
【フォーラム内容】

  • 研究者にとっての理想的な研究環境とは
  • 「大学の論文数」を左右する研究環境
        ─ Web of ScienceとEndNoteによる論文執筆効率化
  • Web of Science・EndNote最新情報アップデート 
        ─Web of Scienceのコンテンツを最大限に活用する方法
        ─EndNoteデスクトップ最新版 X8のご紹介

登壇者

  • 講演者 : 有賀克彦 国立研究開発法人物質・材料研究機構
  • 講演者 : 磯野真穂 国際医療福祉大学
  • 講演者 : 澤 綾子 Clarivate Analytics