今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

文献では伝わらない、私が海外の現場を訪れて初めて分かったこと

“The world is a book and those who do not travel read only one page.” – St. Augustine

未知の世界への探訪は、新たな視座を旅人にもたらします。海外の図書館を訪れることもまた然り。図書館を取り巻く文化や社会情勢に直接触れ、人と交流することでその地域における図書館の役割に対する理解は、他の人が書いた文献やレポートを読んだだけで得られる情報とは比べようがないほど広く、深いものとなります。

このフォーラムでは、世界をまたにかけ数々の図書館を訪問されている梅澤氏を迎え、いろいろな図書館の事例を紹介いただきながら、日本社会における図書館の役割について再考するヒントを探ります。加えて、丸善雄松堂が図書館総合展運営委員会との共催で例年開催している海外図書館研修に参加していただいた方々にも、それぞれの視点から本視察を通してどんな知見を得たかについて発表をいただきます。

※このフォーラムは、American Library Associationの共催(co-presenter)のもと、開催されます。

ファイル

PDF icon 変革のとき、世界の図書館から学べるものとは?1012_ご案内.pdf

2016年11月09日 (水)

15:30 - 17:00

第1会場

協力

  • アメリカ図書館協会

登壇者

申し込み・問い合せ先

webサイト

http://yushodo.maruzen.co.jp/edu/libforum2016/index.html