今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

~図書館・書店・出版社~

図書館の資料収集は、健全な出版文化の上に成り立っています。出版文化を担う一員としての図書館の努力は、未来の利用者の多様な要求に応じた資料提供へと繋がっているのではないでしょうか。
昨年度の神奈川県図書館協会のフォーラムは、出版不況の中での「図書館・出版社・書店」の課題を正面からとらえる機会となりました。そして「必要としている読者に本を届けたい」という共通認識のもと、相互理解しつつ、地域の出版文化を考える議論のスタートとしたい、とフォーラムは結ばれました。
今年度は、さらに「図書館と出版業界の関係」に焦点を絞って考えます。あらためて昨年度からの流れを整理し、各地での今までとは異なる様々な実践例も紹介していただきます。この神奈川の地で、「本」という共通項を持つ三つの業界が各々に、また協働して、出版文化を盛り上げるためにどのような取り組みが考えられるのでしょうか。図書館の新たな可能性を提案していきます。

2016年11月09日 (水)

15:30 - 17:00

第3会場

登壇者

  • 対談 : 内野安彦 常磐大学等非常勤講師/元塩尻市立図書館長
  • 対談 : 成瀬雅人 原書房代表取締役社長/日本書籍出版協会常任理事

申し込み・問い合せ先

神奈川県立図書館資料部図書課 小松晶子

klakenshu-kl@pen-kanagawa.ed.jp

webサイト