今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

電子情報資源を背景に学術情報の流通・発見・利用等の各面にさまざまな変化が生じています。大学図書館等では紙媒体・電子媒体の学術情報の管理をより省力化し、利用者には媒体の差を意識せずに提供していく仕組みを検討・実行すべき段階となっています。

「大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議」の下部委員会である「これからの学術情報システム構築検討委員会」や、関連する作業部会にて、2020年の学術情報システムがどのようにあるべきかの検討を行っています。

今回のフォーラムでは、昨年度の図書館総合展フォーラムからの進捗・展望を報告した後、「NACSIS-CAT検討作業部会」及び「電子リソースデータ共有作業部会」で現在どのような検討を進めているのかを報告します。

フロアを含めての意見交換会を行いますので、フォーラムへの参加と活発な意見交換をお待ちしております。

2016年11月09日 (水)

10:00 - 11:30

第6会場

主催

ブース出展

有り

登壇者

  • 講師パネリスト : 佐藤義則 東北学院大学文学部教授
  • 講師パネリスト : 熊渕智行 東京大学附属図書館情報管理課長
  • 講師パネリスト : 佐藤初美 筑波大学学術情報部アカデミックサポート課長
  • 講師パネリスト : 小野 亘 東京学芸大学教育研究支援部学術情報課長
  • 講師パネリスト : 大向一輝 NIIコンテンツ科学研究系准教授/コンテンツシステム開発室室長
  • モデレーター : 小山憲司 中央大学文学部教授