今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

医中誌は公共図書館での医療情報提供を支援します

1,000万件以上の日本の医学論文情報が収録されている『医中誌Web』。「医学論文情報が役立つ場面とは?」「適当な情報を引き出す検索方法は?」「論文自体をどうやって提供する?」など、公共図書館における医療・健康情報サービスに関わる方々の疑問にお答えし、また、共に考えるフォーラムです。

●第一部:リタイアした医学図書館員が今、一市民として公共図書館に望むこと
講師:下原康子(元医学図書館員。東邦大学医学図書館、東邦大学医学部附属佐倉病院図書室、千葉県がんセンター患者図書室「にとな文庫」と、大学図書館・病院図書室・患者図書室での勤務経験を持つ。; 参考URL:http://shimohara.net/nitona/yasuko.htm

●第二部:医中誌Webを導入している公共図書館における利用実態・ご要望から考える公共図書館での医中誌Webの有効な使い方、具体的な検索方法、複写サービス、医学図書館+公共図書館の連携事例など。

2016年11月09日 (水)

10:00 - 11:30

第9会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

フォーラム担当

info@jamas.or.jp