本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

―図書館を超える図書館とは

武雄市図書館、海老名市立図書館、多賀城市立図書館におけるさまざまな利用者サービスの実践事例を通して、次世代の想像力を喚起し、市民的価値を創り出す公共図書館の役割についてディスカッションを行います。「指定管理者制度の最前線―地方分権時代における図書館の可能性」(2012年)、「「“武雄市図書館”を検証する ―ニュースとなった〈武雄〉から〈公立図書館界〉がみえてくる」(2013年)、「読者の心をつかむ──書店と図書館」(2014年)、「『公共図書館の未来像』―利用者にとっての望ましい図書館とは?」(2015年)と4年続けて考えてきたいわゆる「TSUTAYA図書館」問題から見えてくる日本の公共図書館の転換点について、2016年はさらに議論を発展させます。

 

●記録動画は、2016年12月31日までの公開とさせていただきます。〈事務局〉

2016年11月09日 (水)

10:30 - 12:00

展示会場内

登壇者

  • パネリスト : 佐藤 翔 同志社大学免許資格課程センター助教
  • パネリスト : 高橋 聡 神奈川県・海老名市立中央図書館長/カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 公共サービス企画カンパニー社長
  • パネリスト : 広瀬容子 株式会社ラピッヅワイド代表取締役
  • コーディネーター : 湯浅俊彦 立命館大学文学部教授