本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

 2016年9月5日に「図書館総合展2016
2016年9月5日に「図書館総合展2016 フォーラムin大分」が、大分県立図書館において盛況のうちに開催されました。今年4回目の地域フォーラムとなるこのフォーラムでは、障害者差別解消法施行1年目ということから、「障害者・本・図書館員をつなぐ図書館づくりのために」がテーマとされました。そして、「知的・発達・精神障害と図書館」「身体障害と図書館」「視覚障害と図書館」の三つの分科会に分かれ、活発な議論が交わされました。

 本フォーラムは、この分科会の議論を引き継ぎ、さらに発展させるものとして企画されました。分科会でファシリテーターを担った三氏に、障害に関わる体験などを研究する二氏が加わり、図書館の障害者サービスについて多面的にアプローチします。そして、今後の障害者サービスが向かうべき方向性について検討します。

 

★本フォーラムでは、手話通訳等の用意をすすめております。手話または他のサポートをご希望の方は、事務局までご一報ください。https://www.libraryfair.jp/contact

 

●下掲の記録動画は、上から「本フォーラム」、「図書館総合展2016フォーラムin大分【第3部 全体会】」「フォーラムin大分【第1部 基調講演】」

2016年11月09日 (水)

13:00 - 14:30

展示会場内

共催

  • 図書館流通センター

登壇者

  • パネリスト : あべ・やすし 愛知県立大学 非常勤講師
  • パネリスト : 伊藤亜紗 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 准教授
  • パネリスト : 植村 要 立命館大学人間科学研究所 客員研究員
  • パネリスト : 野口武悟 専修大学教授
  • コーディネーター : 松原洋子 立命館大学先端総合学術研究科 教授