今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

図書館流通センターが供給する電子図書館、TRC-DLは、今夏、新規にテキスト版サイトをリリースしました。TRC-DLには、従来から音声読み上げ機能がありましたが、視覚障害者が利用するには不便な部分がありました。今回リリースしましたテキスト版サイトでは、ログイン、本の検索、閲覧の全過程を、視覚障害者が独力で操作することを可能にしました。
TRC-DLを導入した図書館の中には既に、障害者サービスへの電子図書館の活用に取り組んでいる図書館があります。具体的には、体験会の開催、点字データの提供など、視覚障害がある方々やボランティア団体のご協力を得て、豊かな電子図書館をつくろうとしています。
本フォーラムでは、TRC-DL導入館の具体的な取り組みを紹介し、障害者サービスを充実させるために電子図書館がもつ可能性について考えます。

2016年11月10日 (木)

10:00 - 11:30

第2会場

登壇者

  • 視覚障害者利用支援機能デモンストレーション : 植村 要 図書館総合研究所 特別顧問
  • パネリスト : 前川千陽 三田市立図書館 館長
  • パネリスト : 志水千尋 明石市立図書館 館長
  • パネリスト : 大城澄子 新宿区立戸山図書館 館長
  • コーディネーター : 盛田宏久 大日本印刷株式会社 hontoビジネス本部MCH連携チーム リーダー

申し込み・問い合せ先

営業部 矢口勝彦

webサイト

http://www.trc.co.jp/sogoten2016/forum.html#forumF

facebook

https://www.facebook.com/trc.event.co.jp