今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

講師に Madeleine Pow-Jones 氏をお招きし、「英国の教育現場における著作物の利用およびライセンスの現状」と題しご講演頂きます。英国の教育現場における著作物の利用とライセンスにフォーカスして、今後の日本での教育現場での著作およびライセンスのあり方を考察したいと考えます。学会の皆様にとりまして論文等の著作者、権利者のお立場、更には大学等での教育者のお立場から、著作権の保護と適正な運用にお役立て頂く事を目的としたもので御座います。

皆様にはご多用のこととは存じますが、ご出席いただき、論文等著作物の利活用と保護のお立場からご活用いただければ幸いで御座います。

 

※同時通訳有

 

●学術著作権協会は、展示会場 小間番号64でブース展示もしております。ぜひお立ち寄り下さい。

2016年11月10日 (木)

13:00 - 14:30

第5会場

登壇者

  • 講演 : Madeleine Pow-Jones Policy and International Relations Manager, The Copyright Licensing Agency (CLA)

申し込み・問い合せ先

甲斐佳子

webサイト

https://www.jaacc.jp/lecture/application.php?kouenkai_id=7