今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

OPACとのダイナミックなリンク

■情報検索型サービスからASPサービスへ

近年、データベースのサービスの在り方は、大きなパラダイムシフトを迎えました。

OPACシステム内の図書の基本書誌情報に、小社保有の拡張コンテンツ(書影や目次・要旨、著者情報)をドッキングさせて補完表示する「BOOKデータASPサービス」の登場から4年。図書館システムベンダー側の受入体制も整い、導入館は100館を突破。今やシステム・リプレイス時のデファクトスタンダードになりつつあります。

本フォーラムでは、はじめに日々更新を続けている「BOOKデータベース」について、小社データベース編集部が成り立ちから現在までの流れを振り返ります。

続いて、現在のトレンドとなったASPサービスについて、営業現場よりユーザーの導入事例を踏まえたポイントをご説明いたします。また、magazineplus目次ASPサービスの実装例や新しいASPサービスの今後の展開についても触れます。

システム・リプレイスを控えた図書館をはじめ、皆さまのお越しをお待ちしております。

2016年11月10日 (木)

10:00 - 11:30

第8会場

登壇者

  • プレゼンター : 森岡 浩 編集局データベース編集部長
  • プレゼンター : 鈴木文子 営業局営業課
  • プレゼンター : 星 俊雄 営業局特任部長

申し込み・問い合せ先

営業局営業課 竹村雅彦

online@nichigai.co.jp

webサイト

http://www.nichigai.co.jp/lib_fair/forum2016A.html

twitter

https://twitter.com/21gai/

facebook

https://www.facebook.com/nichigai.1965/