本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 来年2018年に創立70周年を迎える国立国会図書館は、さらにその先の100周年を見据えて新たな中期ビジョン「ユニバーサル・アクセス2020」を策定しました。本フォーラムでは、中期ビジョンの実現に向けて行っている取組のうち、図書館実務に関連の深い典拠データの拡充、来年1月に提供を開始する検索・申込オンラインサービス、そして未来の図書館サービスを見据えた研究についてご紹介します。

1.イントロダクション

(伊藤克尚 総務部企画課長)
中期ビジョン「ユニバーサル・アクセス2020」の概要と、本フォーラムの全体像をご紹介します。

 

2.典拠データの拡充に向けて

(津田深雪 収集書誌部収集・書誌調整課課長補佐)
典拠データは、図書館が提供する書誌データの高度で効率的な検索を支えています。さらに、現在では、ウェブ上のデータをリンクする仕組みとしての役割も期待されています。それらの活用可能性を見据え、国立国会図書館が進める典拠データの拡充や国際的連携の取組を紹介します。

 

3.NDL-OPACから国立国会図書館オンラインへ

(荒井裕子 利用者サービス部主任司書)
NDL-OPACに代わり、当館の新たな利用の窓口となる「国立国会図書館検索・申込オンラインサービス(略称:国立国会図書館オンライン)」の機能とサービスについて紹介します。

 

4.次世代システム開発研究室の取組

(原田久義 電子情報部主任司書兼電子情報サービス課次世代システム開発研究室長)
次世代システム開発研究室では、外部の研究者と協力しながら様々な検索デモシステムの提供、深層学習を利用したデジタル化画像の背景白色化やNDCの自動付与、ジャパンサーチ(仮)のプロトタイプシステムの開発等に取り組んでいます。これらの取組の概況と今後の見通しを、分かりやすく紹介します。

 

☆当日の発表スライド資料はこちら↓からご覧ください。

 

ファイル

PDF icon 1 図書館総合展NDLフォーラム イントロダクション.pdfPDF icon 2 図書館総合展NDLフォーラム「典拠データの拡充に向けて」.pdfPDF icon 3 図書館総合展NDLフォーラム「NDL-OPACから国立国会図書館オンラインへ」.pdfPDF icon 4 図書館総合展NDLフォーラム「次世代システム開発研究室の取組」.pdf

2017年11月07日 (火)

10:00 - 11:30

第3会場

登壇者

  • 講師 : 伊藤克尚 国立国会図書館 総務部企画課長
  • 講師 : 津田深雪 国立国会図書館 収集書誌部収集・書誌調整課課長補佐
  • 講師 : 荒井裕子 国立国会図書館 利用者サービス部主任司書
  • 講師 : 原田久義 国立国会図書館 電子情報部主任司書兼電子情報サービス課次世代システム開発研究室長