今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

〜アイデアが湧き出る簡単発想法の極意~

※ 参加予約が定員に達しましたので受付を終了いたします。当日は予約登録された方のみ参加できます。

 図書館と図書館員の評価を向上させるには、コミュニティの内外に味方を作PR(パブリックリレーションズ)が重要です。そのためには外から見えない業務を地道にこなすだけでなく、外に目立つ話題性と集客力のあるイベントを継続的に打ち続けることが欠かせません。

 しかし、図書館の予算は減額され、現場は多忙を極めている現状では、新しいアイデアを出すにも限度があります。結果的にイベントは年々新味が乏しくなり、固定客相手のマンネリ化したものになってしまいます。

 ではどうしたらよ いのでしょうか? 予算や人手がなくても、告知宣伝の手間を省いても、いつのまにか人が集まってくるようなイベント企画術はないのでしょうか?

  コミュニティ構成員の2割程度の固定利用者だけではなく、8割の非利用者層を着々と利用者として掘り起こせるような新規顧客開拓力のあるイベントのアイデアはどうしたら浮かんでくるのでしょうか?
 そう、ちょっとしたコツさえつかめば、実は誰でもすぐにできることなのです。

 通算講演250回を超える『図書館員のためのPR実践講座』の著者・仁上幸治先生と年間数十回のイベントを開催している『図書館員のためのイベント実践講座』の著者・北村志麻がその極意をお伝えします。

 アイデア発想法の基礎理論と事例を紹介し、明日からすぐに使えるスキルの極意を対談形式でお伝えします。

 公共・大学・学校・専門の各図書館の現場へ応用実践のヒントをお持ち帰りください。

  HP (全国図書館イベント検索)
  http://libraryfacilitator.com/ 

  Facebook
  https://www.facebook.com/libraryfacilitator/

  Twitter
   https://twitter.com/Libraryfcltator

 

2017年11月07日 (火)

13:00 - 14:30

第3会場

登壇者

  • ファシリテーター : 北村志麻 (図書館パートナーズ 代表)
  • 講師 : 仁上幸治 (図書館サービス計画研究所 代表)
  • 司会 : 小田垣宏和 (図書館パートナーズ 理事)