今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 国際化が進む現在、言語的・文化的なマイノリティに対するサービスの拡充が図書館に求められています。本フォーラムでは多言語コンテンツ・多言語インターフェースを有する電子図書館サービス"OverDrive"を活用した多文化サービスの事例を取り上げます。

 Rakuten OverDriveの担当者より、多文化社会アメリカでの事例として、言語習得への支援や、英語以外の言語の資料提供を通して、「言葉の壁」の解消を目指す図書館の活動をご説明いたします。

 また、国内での取組みとして、浜松市の図書館における多文化サービス実施についても紹介をいたします。 

2017年11月08日 (水)

15:30 - 17:00

第4会場

登壇者