- 行政・企業・NPOと連携した、がん治療と仕事の両立支援 -

日本人の2人に1人が生涯のうちにがんにかかる時代です。

がん医療の進歩により、治療しながら働くことは十分可能になりましたが、職場への遠慮や両立の手立てを知らないために離職し、本人は生活設計の変更を余儀なくされ、職場は貴重な人材を失う場合も少なくありません。

本セミナーでは、治療と仕事を両立する上で役立つ情報を、社会保険労務士や専門医から発信するとともに、がん経験者とその職場の上司の方にご参加いただくパネルディスカッションでは、図書館の枠割を皆さんと一緒に考えます。ぜひ、ご参加ください。

<内容>

■講演(1) 社会保険労務士による、がん治療と仕事の両立に関する社会制度

■講演(2) 医師による、がん治療の最新情報

■パネルディスカッション「がん治療と仕事の両立をめぐる当事者・職場の体験談から、図書館の役割を考える」

 

2017年11月08日 (水)

10:15 - 12:15

展示会場内

共催

  • MSD株式会社

登壇者

  • 司会コーディネーター : 岡山 慶子 NPO法人キャンサーリボンズ 副理事長 
  • コーディネーター : 小林 隆志 鳥取県立図書館 支援協力課 課長

申し込み・問い合せ先

NPO法人キャンサーリボンズ事務局 (担当: 田村)

webサイト

https://pro.form-mailer.jp/fms/df13559a130189