今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

パターンランゲージ手法を用いた慶應義塾大学SFC井庭研究室と書店・有隣堂の 共同研究報告

慶應義塾大学 井庭崇研究室と株式会社有隣堂は共同で、
読書のコツや楽しみ方をまとめたランゲージ『Life with Reading』を制作しました。
『Life with Reading』は、読書のコツや楽しみ方、
そしてこれからの時代で求められる「創造的読書」(クリエイティブ・リーディング)の考え方を言語化し、27個の言葉にまとめたものです。

『Life with Reading』を用いた読書推進は、これまでとは全く異なる視点からの新しいアプローチであり、図書館・学校教育などの現場でも創造的読書を促す非常に有効な手段となるはずです。ぜひ足をお運びください。

※会場では『Life with Reading』の一部を掲載したカードをフォーラム参加者に限定して配布します。

⇒事前のご予約はこちら

対談
井庭 崇(慶應義塾大学総合政策学部 准教授)
渡辺 泰 (株式会社有隣堂 経営企画本部 社長室 室長)

プレスリリース全文はこちら(2017年11月1日付)
総合政策学部井庭研究室と株式会社有隣堂の共同プロジェクト、読書のコツや楽しみ方を言語化した『Life with Reading』を制作
 

2017年11月09日 (木)

13:00 - 14:30

展示会場内

主催

ブース出展

53

登壇者

  • 対談 : 井庭崇 慶應義塾大学総合政策学部 准教授
  • 対談 : 渡辺 泰 株式会社有隣堂 経営企画本部 社長室 室長

申し込み・問い合せ先

株式会社有隣堂 社長室 図書館総合展プロジェクトチーム

webサイト

https://questant.jp/q/yurindo-pattern