今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

“図&地協(=とんち協)”による第5世代図書館への試み

地域の公共図書館をめぐる新しい風を第5世代図書館と位置づける。そんな仮設定をもとに「図書館と地域をむすぶ協議会」(図&地協=とんち協)が全国各地で繰り広げる実践例を示しながら、地方創生の時代の新しい図書館像を提案する。
【紹介する実践モデル例】2018年5月にオープンした「雲の上の図書館」(高知県梼原町)の編集的図書館づくり/地元書店と福祉施設との連携でソーシャルイノベーションを起こす幕別モデル(北海道幕別町)の全国展開/オープン2周年を迎えた「ふみの森もてぎ」(栃木県茂木町)の実践/読書環境と読書習慣を育むコースウェア開発モデル(和歌山県那智勝浦町)/地域づくりを担う新しい図書館スタッフを育成し、司書の待遇改善をはかる「晴耕雨読プロジェクト」/自治体の医療負担軽減に寄与する「知る・読む・笑う」モデル(地方創生推進交付金採択)/国立国会図書館の全国書誌情報の利活用を推進する実践モデル/SDGsと図書館/SIBと図書館/食文化と図書館/中高生のキャリア教育と図書館/ほか

 

2018年10月30日 (火)

10:00 - 11:30

第1会場

登壇者

  • 講師 : 太田剛 図書館と地域をむすぶ協議会チーフディレクター/慶應義塾大学講師/編集工学機動隊ギア代表/日本食文化観光推進機構理事

申し込み・問い合せ先

図書館と地域をむすぶ協議会(事務局)

下記URLにアクセスの上、申込フォームにてお申込み下さい。

info@toshokan.club

webサイト

http://www.toshokan.club/2018/09/21/2018sogoten/