今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

~新たな情報環境の到来と図書館が切り拓く未来~

IoTの進展やファブスペースといった空間がもたらす新たな情報環境に対し、図書館は大学における「情報の集積所」あるいは「情報のスペシャリスト」として、どう向き合うべきなのでしょうか。このフォーラムでは、慶應義塾大学の中澤先生に、高等教育の領域においてテクノロジーのさらなる進歩が引き起こす情報環境の変化とその展望について、経済産業省の柴田様に同省が考える今後の教育についてお話をいただきます。また、「高等教育の情報環境の変化」と「経済産業省が考える日本の未来の教育」を背景に、今後、大学図書館に期待される役割について、登壇者にディスカッションをしていただきます。

※本フォーラムでは、教育関係者(図書館、学校法人、中高大の教職員など)および行政関係者の方を優先的に受け付けております。

お申し込みはこちらから→http://bit.ly/2QKzRVr
(※外部サイトに移動します。)

 

ファブフォーラム告知チラシ

2018年10月31日 (水)

15:30 - 17:00

第1会場

主催

ブース出展

登壇者

  • パネリスト : 中澤 仁 慶應義塾大学 環境情報学部准教授/湘南藤沢ITC所長
  • パネリスト : 柴田 寛文 経済産業省 商務・サービスグループ 教育産業室 室長補佐(総括)

申し込み・問い合せ先

藤原由季

yuki.fujiwara@maruzen.co.jp