本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

尾をひく「オープンアクセス」

雑誌掲載論文に対する障壁なきアクセス、すなわちオープンアクセスの理念はその提唱からほぼ20年を経て、各局面に複雑な影響を及ぼしている。そもそもオープンアクセスによって学術研究は促進される得るのかという話題について、この1年のさまざまな局面における動向、たとえば、プレプリントサーバの位置づけ、Dimensionsの登場、統合図書館システムの帰趨等を整理する。

 

◇◆◇当日のスライド資料はこちらから
https://goo.gl/RX1rV1
 

2018年10月30日 (火)

10:00 - 11:30

第4会場

登壇者

  • 講師 : 土屋 俊 独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構