今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

~研究者、図書館、出版社の役割と挑戦~

新しい技術で、科学の未来をどう変えていくか。オープンサイエンスを推進することで、研究をより協調的でオープンで、透明性の高いものすることによって、研究の効果・効率を高めるものとなるでしょう。

研究の主役である研究所は、オープンサイエンスへの取り組みをどのように考えているのか。

研究者への学術提供を担う図書館は、どのように取り組むのか、学術情報の流通を担う出版社は、どのように支援していくのか。

オープンサイエンスへの取り組みにおいてそれぞれの役割や、課題について議論していきます。

 

2018年10月30日 (火)

15:30 - 17:00

第8会場

登壇者

  • パネリスト : 小林武彦先生 東京大学 定量生命科学研究所
  • 講師パネリスト : 林豊氏 九州大学附属図書館 e リソースサービス室
  • 講師パネリスト : Karlsson Anders エルゼビア・ジャパン グローバルリサーチネットワーク
  • モデレーター : 高石雅人 エルゼビア・ジャパン カスタマーコンサルタント

申し込み・問い合せ先

定員につき申し込みを締め切りました。

フォーラム事務局:吉永敏子

jp.pr@elsevier.com

webサイト

http://jp.elsevier.com/events/library-fair-2018