今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館の次なる姿を求めて

いま、公立図書館が大きく変化しています。デザイン性にすぐれた建物、おしゃれなカフェ、子どもから大人までが長時間滞在できるアメニティ…。さらに、外観や施設にとどまらず、まちの課題解決に向けて行政・関係機関・住民を繋ぐハブとなり、デジタル技術を活用した新たなサービスを創造し、探求学習等で教育現場との連携の可能性が開けるなど、機能面でより本質的な変化を遂げつつあります。こうした複合化・多機能化を進め、さらに機能融合した先に、私たちはどんな「図書館」を目にすることになるのでしょう。

今回のシンポジウムでは、これからの情報社会のゆくえと地域社会のあり方、そこで図書館に期待される役割や機能など、図書館の次なる姿のあり方を、地域の課題解決をサポートするプラットホームとしての可能性等も視野に入れながら探ってまいります。

 

論点:・情報社会における図書館の意義と可能性

   ・地域政策としての図書館の意義と可能性

   ・図書館の生き残り/進化に向けての条件 など

 

構成:  基調講演「情報社会における図書館の意義と可能性」

                                      岩井 淳・群馬大学社会情報学部教授

     課題提起      茂木健一郎・脳科学者

     課題提起         宮脇 淳・北海道大学法学研究科教授

   ディスカッション「図書館は地域のプラットホームとなり得るか」

                                       岩井 淳・群馬大学社会情報学部教授

                                       茂木健一郎・脳科学者

                                       佐藤達生・㈱図書館総合研究所取締役

                                       宮脇 淳・北海道大学法学研究科教授 

2018年10月31日 (水)

13:00 - 17:00

第2会場

共催

  • 株式会社図書館総合研究所