今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館を使った調べる学習は、子どもたちを中心に盛んに取り組まれていますが、「図書館を使った調べる学習コンクール」の調べる学習部門大人の部には、豊富な知識と経験をもとに、図書館で自由な学びを楽しむシニアの皆さんから、多数の力作を応募いただいています。

世界に先駆けて超高齢化社会を迎えた日本。人生100年時代を生きる私たちにとって、図書館で調べる学習に取り組むことはどのような意味をもつのでしょうか。

日本の生涯学習の中核的機関「放送大学」の教授 岩崎久美子氏が、コンクールの入賞作品を調査分析し、成人による調べる学習の特性や意義、作品が地域社会へ及ぼす影響など、その可能性を明らかにします。

また、八王子中央図書館で活発な活動を続けるシニアの調べる学習サークル「八王子千人塾」を、その好事例として紹介します。

生涯学習における図書館の可能性をともに考えるセミナーです。

2018年10月31日 (水)

15:30 - 17:00

第4会場

主催

ブース出展

登壇者