今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

~学校図書館支援の体制づくりと活動の紹介~

近年、読書活動の推進の為には公共図書館や学校図書館は、それぞれ独自に活動を行うだけでなく、お互いが連携し事業を進めて行くことが重要となって来ています。

本フォーラムでは、公共図書館や支援機関との連携を通じ、学校図書館における先進的な取組を行っている小学校・中学校・高校のそれぞれの活動について紹介していただきます。

 

事例紹介(予定)

 ・小郡市学校図書館支援センター

 ・白山市立松任中学校、学校図書館支援センター

 ・越谷総合技術高等学校、埼玉県高等学校図書館研究会 

司会:りぶしる委員長 山崎 博樹

図書館サービス向上委員会『りぶしる』は、共通の課題を持つ図書館同士をつなげ、お互いの情報共有と課題解決への情報提供等の支援を行うことを目的に、全国の図書館有識者や研究者からなる実行委員会です。