今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

子どもたちの読書離れを感じている先生は少なくないのではないでしょうか。読書推進は多くの学校・学校図書館にとって課題のひとつと言えるでしょう。 このフォーラムでは、今年4月にRakuten OverDrive電子図書館サービスの提供を開始した工学院大学附属中学校・高等学校から2名の先生にご登壇いただき、学校図書館における電子図書館・電子書籍活用の可能性をご紹介致します。 電子図書館を導入した経緯や、司書教諭と英語科教諭それぞれの視点から、電子図書館を活用することで実現可能な読書促進・授業活用の可能性についてお話しいただきます。

 

2018年10月31日 (水)

15:30 - 17:00

第5会場

登壇者

  • 講師 : 有山 裕美子 工学院大学附属中学校・高等学校 司書教諭
  • 講師 : 中川 千穂 工学院大学附属中学校・高等学校 英語科主任

申し込み・問い合せ先

株式会社メディアドゥ 電子図書館推進部

contact_odj@mediado.jp

webサイト

https://goo.gl/forms/i2oYYNWlRQQmjFu12