今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

2020年とその先へ

これからの学術情報システム構築検討委員会は、2015年に「これからの学術情報システムの在り方」(以下、「在り方」とする。)をまとめ、電子情報資源のデータ管理・共有のワークフローの検討及びNACSIS-CAT/ILLの再構築(軽量化・合理化)に取り組んできた。2018年度は、2020年以降の学術情報基盤の在り方について、「在り方」の改訂版として提示することを目指して検討を進めており、総合目録データベースとして継続して維持すべき点やより拡張性の高い、豊かな機能の追加に向けて検討すべき点、コミュニティの在り様等、次の一歩に向けて議論されている内容について、講演を行う。また、ERDB-JPとJAIRO Cloudの自動連携機能や2020年に向けたNACSIS-CAT/ILL等、アップデート情報も紹介する。

2018年10月31日 (水)

10:00 - 11:30

第6会場

登壇者

  • 講師 : 小山 憲司 中央大学文学部教授(これからの学術情報システム構築検討委員会委員長)
  • 講師 : 飯野 勝則 佛教大学図書館(電子リソースデータ共有作業部会主査)
  • 講師 : 藤井 眞樹 横浜国立大学附属図書館、NACSIS-CAT検討作業部会
  • 司会 : 上野 友稔 国立情報学研究所 学術基盤推進部学術コンテンツ課

申し込み・問い合せ先

国立情報学研究所 図書館総合展担当

webサイト

http://www.nii.ac.jp/event/other/libraryfair/

twitter

https://twitter.com/jouhouken

https://twitter.com/nii_bit

facebook

https://www.facebook.com/jouhouken/