今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

国立情報学研究所は、欧州原子核研究機構(CERN)で開発されたソフトウェアINVENIOを用いて次期JAIRO Cloud(WEKO3)の開発を進めている。また、今年10月からは、新IRDBの本格稼働も始まる。今回の講演では、新IRDBの機能や現行IRDBから新IRDBへの移行スケジュールについて報告を行う。また、グリーンOA論文の増減要因について、IRDBやその他データ源を分析した結果を報告する。最後に、次期JAIRO Cloudについて現在の開発状況と移行スケジュールについて報告し、今後の方向性について議論を行う。

2018年10月31日 (水)

13:00 - 14:30

第6会場

登壇者

  • 講師 : 新妻 聡 国立情報学研究所 学術基盤推進部学術コンテンツ課
  • 講師 : 河合 将志 国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター
  • 講師 : 林 正治 国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター

申し込み・問い合せ先

国立情報学研究所 図書館総合展担当

webサイト

http://www.nii.ac.jp/event/other/libraryfair/

twitter

https://twitter.com/jouhouken

https://twitter.com/nii_bit

facebook

https://www.facebook.com/jouhouken/