本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。
 本フォーラムは定員に達しました。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

1.「海外の画像活用の現状(ユーロピアナとアムステルダム国立美術館、IIIFと海外図書館)、さらにデジタルアーカイブジャパンなどについて」(高野明彦様より)

2.「DNPイメージアーカイブ(東博含む)の立ち上がりのフランス国立美術館連合ライセンス事業について」(久永一郎様より)

3.「美術全集のデジタル・アーカイブ構築の実務と問題点について」(清水芳郎様より)

 

 

◆◇◆このフォーラムの動画記録はこちらから

2018年10月31日 (水)

15:30 - 17:00

第7会場

登壇者

  • 講師 : 高野明彦 国立情報学研究所コンテンツ科学研究系教授
  • 講師 : 久永一郎 大日本印刷株式会社 マーケティング本部 アーカイブ事業推進ユニット ヒューマン・エンジニアリング・ラボ
  • 講師 : 清水芳郎 小学館文化事業局チーフプロデューサー
  • 司会 : 柳 与志夫 東京大学特任教授