今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

企業、学生、みんなで考えるこれからの図書館情報システム

 1990年代以降、スクラッチ開発型の図書館システムは徐々に減少し、現在では、館種を問わず日本国内の多くの図書館において、図書館システムベンダーが開発したパッケージ型の図書館システムを使用していると思います。

 ただ、クラウドやAI、RPAなどの最新技術が次々に登場しシステム開発のハードルが下がっている昨今、従来のベンダー主導のパッケージ型図書館システムの時代は終わりつつあるのかもしれません。

 本フォーラムでは、大学・専門図書館向けの図書館システム「ネオシリウス」を開発している私たちNJCが、EBSCO様や十文字学園女子大学様といったゲストとともに、「海外におけるオープンソース型図書館システムの現状」と「産学共創による図書館アプリ開発」という、2つの切り口で「これからの図書館システム開発のあり方」について、ご参加の皆様と一緒に考えていきたいと思っております。

 

※本フォーラムには日本人による通訳が付きます。

※本実施内容は、予告なく変更になる可能性があります。ご了承ください。

2018年10月31日 (水)

13:00 - 14:30

第9会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

営業本部 営業統括部 文教ソリューション販売推進部 図書館総合展担当

※フォーラムへのお申し込みは、下記の弊社ページよりご連絡ください。

https://www.njc.co.jp/release/r-20180927.html